ここに気をつけて 新卒採用コンサルの注意点

新卒採用コンサルティングは、新卒採用を行うことが企業経営の中でどういう位置づけになるかを考えるところからスタートします。企業が新卒採用を行う目的は何なのかを明確にして、経営トップから全社員までその答えを共有していくことが必要です。新卒採用を行うことで会社全体がどうなりたいかという目標を明確にしなければ、どういう人材を採用すべきなのかが定まりませんし、学生に対して自社のどんなところをアピールしたいのかも明確になりません。自社の客観的な見直しが必要な作業であるため、自分達だけで行うよりも新卒採用コンサルティング会社からの意見を聞き、参考にしながら進めていく方が、正解を導き出す手段としてふさわしいです。新卒採用プロジェクトの中でも、まず初めにしなければならない重要なポイントです。

新卒採用をどのように行っていくのか

新卒採用コンサルでは、どんな人材を必要としているのか、という定義を元にして、どのように新卒採用を行っていくのか、その戦略を立てていきます。採用時期やスケジュール、選考方法や面接を何回行うのか、適性検査も組み込んでいくのかといったアセスメント方法や、母集団を形成するためのメディアの選定や原稿の内容を検討します。近年はSNS採用や外国人採用も積極的に行われてきていますが、これらを利用するのであれば、この段階で検討を行います。良い人材を採用するためには、優秀な人材がこの会社で働きたいと思えるような職場環境づくりは欠かせません。見た目がいくら良くても入社後の定着率が低く、モチベーションが低下するなどの結果が出てくれば、採用活動は失敗に終わったということになりかねません。

新卒採用コンサルティングが行うこと

せっかく採用した社員を定着させるために、また育成を行うことを視野に入れて、新卒採用コンサルティングは良い会社を作るためのアドバイスも行います。採用活動をどのように行っていくかという戦術を元にして、実際に採用プロジェクトを行う中で発生するさまざまな問題点に関しても、アドバイスを行っていきます。会社説明会やインターンシップ、面接官のトレーニングなどは、企画のみならず、実際に実務に関わることも少なくありません。個別の学生の面接に立ち合ったり選考や内定を出したり、入社したいと思わせるような口説きを行ったり、内定後のフォローまで関わることもあります。新卒採用コンサルティングの導入は、自社の現状を見てもらい分析してもらう時期と実際の採用活動の時期という2つのタイミングがあります。